MENU

 ツイッターならと言うような確信めいた気持ちがあったのですが、実際にパパ募集をやったところやってくるのは肉体関係を目指した相手のメッセージばかりでした。
どのメッセージを見ても、セックスしたら支払いをすることができるといった内容のもの、また裸の写真の見せ合いなんて言うのまであるんです。
少しもそんな関係を求めているなんて書いていないのに、なにを考えているんだろうって感じでした。
またひどいのは、説教するような内容のものまであるんです。
そんなメッセージばかりが届けられるようになり、まるで紙やすりのようなザラついた気持ちになってしまったのです。
やっぱりこの方法は間違っているのかも?と思って、再度パパ活について検索をやってみることにしたのでした。
この検索で、パパ活に成功したOLがいるのが分かって、彼女のツイッターアカウントをフォローしてみることにしました。
思い切ってDM出してみたのですが、リプを受け取ることに成功しました。
大人の関係ばかり求めるメッセージが来た話をしてみたのですが、「そういうの実は多いから注意しないとダメ」と言われてしまったのです。
実は彼女も私と同様の方法で最初のうちはパパを探していたようでした。
ほとんどが肉体関係を求めるメッセージがやってくる、この辺も同じ体験だったようです。
やっとそれらしき人と待ち合わせをしたとたん、ラブホテルに連れ込まれそうになった経験まで持っているって言うんです。
「匿名で使えるやつは、こういう人たちばっかりって感じだよ」
食事を食べるだけのパパと言うのは、実はそう簡単には見つからないんだなと痛感していきました。
それでもお店開業のお金がない私としては、少しでも早めにパパをみつけてお金を稼ぐ必要があります。
このOLは、今では優しいパパをみつける事ができているのだから、どのようにして見つけたのか聞き出したい気持ちになっていました。